2020年9月4日金曜日

なめている人が多すぎる

もう補償とか現金配るのやめたほうが良いと思う。配るなら10万円みたいに完全平等にすべき。人に奢られるとそれが当然と思って勘違いする人が多いんだけど、それと同じ現象で「もっと金くれ!補償しろ!」と言っている人たちが多いですね…。

そして、理不尽に思うことがあっても自分で商売やっている人やフリーランスと言われる人達は自己責任と言われてもしょうがない。コロナ以前から理不尽なことなんてたくさんあるだろうし、国が力を貸してくれたら助かったというパターンなんて日常茶飯事でしょう。そういう色んなリスクがあって覚悟を決めて自由と言われる側の道に行った人は少ないんですかね?

そういった意味では投資家の人たちは全て自己責任自己完結で終わらせるから覚悟が違う人が多いよなぁと。理不尽なことだらけで鋼のメンタルを手に入れた人も多いですよね。投資の世界で損したから補償しろ!と言うアホなんていない。(冗談で言う場面はあるけど)

ちなみに、厳しいしいこと言っておくと、自分で飲食店やっている人もそれは投資と同じでリスク取って失敗しただけのことなんですよ。そのリスクがあるのが怖くて飲食店やりたくてもやらないという選択を取る人も多い。失敗したりうまくいかなくなると国に文句言ったりは甘えすぎ。それならリスク取らないという選択を取るほうが賢明。コロナの影響だったり、国の要請で営業時間短くされたり、理不尽だと思っても最後は「自己責任」と一言で終わりにされてもしょうがないのがお金儲けの世界でしょう。もう無理だと思うなら店をやめればいい。投資の世界の損切りと同じ。 簡単に言うなとかバイトがいるからとか感情論だけで反論しようとする人も多いですが、お金儲けって感情論じゃなくて機械的に動かないと駄目だと思いますよ。

※当然、理不尽な扱いされている人たちのことを可哀想だと思いますし、個人的に応援もしているけど、そういう感情論抜きで書きました。ごめんなさーい。

2020年8月17日月曜日

コロナで見えてくること

「お金のためじゃない」と言っていた人たちがお金のために生きている。今後はカッコつけたこと言ったり、お金を軽視するようなことはやめたほうがいいですよ。お金は大切なんですよ。そして、「お金のためじゃない」という台詞は身銭切ってお金ばらまくレベルの人が言うべき台詞だと思います。

2020年7月29日水曜日

ひさしぶりの更新

コロナウイルスで世界がとんでもないことになった
有名人が亡くなったり、オリンピックが延期になったり…
これからもまだまだ影響があるだろうし、リストラされる人も増えてリーマンショックのときよりも苦しむ人が増えそうな気がする
ぼく自身も油断していたら一気に叩きつけられるだろう
がんばれ自分!がんばれ世界!とりあえず以上